トップへ戻る

授乳ケープカーディガン

 

授乳する時、普通の服だと、上の服をグッと持ち上げて
授乳しなくちゃいけませんよね?

 

外出先で授乳するとなると、まず人目が気になりますし、
それに、腰やお腹も冷えてつらいですよね

 

それに、外出したいのに、授乳のことを考えると億劫。。。
という人もいらっしゃるのではないでしょうか?

授乳ケープカーディガン

 

ついつい、外出を先送りにしたりして、後回しにしたりして、
一日中家で過ごすということになったりすると、
ますます外出する機会も減りますよね。

 

これって窮屈ですよね。ママになったので授乳は仕方ないにしても、
行動が制限されるのがイヤ!という気持ちもわかります!
そんな問題を解決してくれるのが授乳ケープなんです!

授乳ケープはママのおすすめアイテムのNo.1

 

授乳ケープには、カーディガンタイプ、
エプロンタイプ、ポンチョタイプなどの様々な形があって、
授乳中のママをサポートしてくれる育児グッズですよね。

 

授乳ケープは授乳中のママが買ってよかったという
お薦めしたいアイテムのNo.1にもなっているんですよ!

授乳ケープカーディガン

 

母乳育児をしようと思っているプレママさんや
これから授乳ケープを購入しようと思っているママさんに
とってもおすすめなんです!

 

とりあえず授乳ケープが1枚あれば、授乳服がない場合でも
授乳中の目隠しになります

 

授乳服の上から羽織ると、さらに安心ですね。
ですから授乳ケープは一枚あるととっても重宝します!

 

授乳ケープと一口にいっても、カーディガンタイプ、
ポンチョタイプなど様々です。選ぶ時にはデザインもさることながら、
通気性のよさや収納性などのコンパクトさなども重要ですよ

 

授乳中は赤ちゃんもママも暑くなりますから、
通気性に優れたガーゼ素材などはおすすめです

 

そして、さらに折りたたむとかなりコンパクトになるので、
バッグの中でもかさばらないというメリットもあります

 

ポンチョ型に買い換える人が多いのはなぜ?

 

一番おすすめの授乳ケープポンチョ型

授乳ケープポンチョ 授乳ケープポンチョ 授乳ケープポンチョ

 

授乳ケープには、エプロン型、ポンチョ型、ストール型などの種類がありますよね。
その中でも、最近特に注目されているのが、ポンチョ型です

 

エプロン型からポンチョ型に買い換えられる方も増えているようです。
その理由は、やはり、360度カバーできる安心感ではないでしょうか?

 

授乳の時間て、突然やってきますよね?
外出先で、急に赤ちゃんが泣き出して、
慌てて授乳ってことはしょっちゅうですよね

 

そんな時、授乳ケープがあれば安心ですし、
ポンチョ型なら横や後ろの視線も気にせず授乳することができます

 

また、赤ちゃんは授乳ケープの中でじっとしているとは限りませんよね?

 

急に暴れだして、授乳ケープがめくれちゃったっていうハプニングも回避できるのが、
360度カバーしてくれるポンチョ型ではないでしょうか?

 

授乳ポンチョのクオリティの高さにビックリ!

 

先日、長男の塾の保護者会に行ったとき、
私の斜め前の席に、4〜5ヶ月の赤ちゃんを抱いたお母さんがいらっしゃいました

 

30分くらい経ったときに、赤ちゃんがぐずりだし、
すぐに大泣きになった途端、ピタッと泣き止みました

 

見ると、赤ちゃんはお母さんのお洋服の中!

 

その時まで、そのお母さんが着ている服が授乳ポンチョだなんて全く気づきませんでした!

 

授乳ケープ ポンチョ型のものは、普段着としても全く問題なく着れて、
いちいち、授乳ケープをつけたり、はずしたりの手間もなく、荷物にもならず便利ですね

 

何より、授乳ポンチョを着ていれば、
赤ちゃんを待たせず、周りの方への配慮もでき安心して外出できますよね

 

授乳ケープ ポンチョ型のデメリットはないの?

 

やはり、あります!

 

授乳ケープ ポンチョ型のメリットでもある、「360度カバーできる」というのが、
実は、デメリットでもあるんです

 

この授乳ケープ ポンチョ型は、夏の暑い時期は不向きです

 

360度覆ってしまうことで、授乳ケープの中がムシムシ暑くなって、
夏の時期は、赤ちゃんにとっては辛い環境になることがあります

 

ただ、夏の暑い時期をのぞけば、秋〜春と長い期間使えますよ

 

袖もロールアップできるものが多いので、気温に合わせて調整できそうです

 

夏の時期にも、どうしてもポンチョ型がよければ、できるだけ軽い生地のものにしましょう

 

また、使い分けができるなら、夏の時期は、
授乳口つきの授乳服 + エプロン型の授乳ケープもおすすめですよ

 

おすすめの授乳ケープ ポンチョ型はこれ!

 

授乳ストラップが便利すぎる授乳ポンチョ

 

授乳ケープポンチョ授乳ケープポンチョ授乳ケープポンチョ

 

 

DORACO 360度安心のポンチョ型 授乳ケープ

 

授乳ケープポンチョ授乳ケープポンチョ授乳ケープポンチョ

 

 

DORACO 360度安心のポンチョ型 授乳服を着なくてもOK!シャツ風授乳ケープ

 

授乳ケープポンチョ授乳ケープポンチョ授乳ケープポンチョ

 

 

普段着感覚のデザインで、ほんとにこれが授乳ケープだなんて、
言われてビックリですね

 

これなら、公園のベンチでも、ママ友とのランチでも、
その場を離れることなく授乳ができ、赤ちゃんもママも安心してお出かけできそうですね

 

 

 

授乳ケープ カーディガンは一石何鳥にもなる!

 

一番おすすめの授乳ケープカーディガン

 

授乳ケープカーディガン授乳ケープカーディガン

 

授乳ケープのカーディガンタイプは、授乳ケープの他に、
抱っこやおんぶにも使え、着回しが抜群の授乳アイテムなんですよ!

 

また、フォーマルシーンやオフィスなどのコーデにも合わせやすくて、
一年中手離せないと子育て中のママにも評判です!
程よい薄さなので、バッグに入れてもかさばらないのも人気ですよ!

 

授乳ケープ カーディガンは
アレルギーや敏感肌にも優しい天然素材のものなどがあって、
紫外線カットや抗菌防臭加工もされています

 

なので赤ちゃんにも安心して使えます。
また速乾機能があるので、お洗濯をしてもすぐ乾きますよ

 

授乳ケープ カーディガンを選ぶポイントは?

 

授乳ケープはママはもちろん、
赤ちゃんの肌に触れるものですから素材も大事ですね

 

オーガニックコットン100%のものなら赤ちゃんの肌に触れても安心です!
デザインもおしゃれで、一枚で授乳ケープやおんぶ、抱っこ、
カーディガンにもなる子育てママには欠かせないアイテムですね!

 

そして、授乳ケープ カーディガンは、
人に見られないところが大切なので透けないことが重要です!

 

前でも書きましたが、授乳する時には赤ちゃんを全部覆ってしまうので、
選ぶ時には通気性と両立するものを選ぶようにしましょう!

 

どの季節で生まれた赤ちゃんでも、
授乳期間は季節をまたぐくらいあります

 

また、2人目を考えている方も、下の子どもがどの季節で使うか分かりません。
ですから、赤ちゃんが暑さで不快な思いをしないように
通気性は押さえどころのポイントですね!

 

授乳ケープ カーディガンのメリット

 

授乳スタイルによっても選ぶ授乳ケープは変わってきますよね。
例えば、胸元を開けて授乳するという人の場合だと、
エプロンタイプで、胸元だけ隠せればいいですよね

 

また、赤ちゃんが授乳ケープの中で不安に感じてしまうなら、
ママと顔を合わせられるようにして使う方がいいですよね。
ワイヤー入りの授乳ケープですね

 

そして、服をめくり上げて授乳させるという場合は、
背中が丸見えになって恥ずかしい思いをします

 

その点、授乳ケープ カーディガンなら授乳のスタイルに応じて、
フレキシブルに使えるというメリットがありますよ

 

まず、360度覆うことができるので安心です。
赤ちゃんの顔も簡単にのぞくことができますし、
カーディガンを着ていれば、授乳ケープをつける手間もいりません

 

しかも、フォーマルにも遭うほどファッション性が高いので、
お出かけ中に羽織っても全然違和感がないのです。
ですから授乳後も着れるという嬉しい一枚なのです

 

授乳ケープと言わなければ、普通のカーディガンにしか見えないくらいです

 

授乳ケープ カーディガンを使った人の口コミ!

 

 

いかにも授乳ケープだと外で使うのに抵抗があったので、
さらりと羽織れるカーディガンタイプの授乳ケープを使ってみたところ、
おしゃれに着れ、卒乳後も使えそうで嬉しい。


 

 

実際に抱っこやおんぶした時にも
重宝するのが授乳ケープ カーディガンですね。


 

 

夏にお散歩する時は、
日よけとして抱っこ紐の上から使用できてありがたい。


 

 

知らない人からお洒落ねと声をかけていただくことが何回かあった。


 

 

カーディガンの生地がさらりとしている割に透けないので、
授乳時も安心。


 

おすすめの授乳ケープ カーディガンはこれ!

 

授乳ケープになるドレープカーディガン(UVカット加工)

UVカット生地の授乳ケープですよ。前のボタンをはずせば、カーディガンとして普段着にもOK!
袖をロールアップすることで、体温調節も可能ですよ

 

授乳ケープカーディガン授乳ケープカーディガン授乳ケープカーディガン

 

 

抱っこしたまま授乳ができる ロングカーディガン

ゆったりとしたおしゃれなロング丈のカーディガンです。ヘビロテ間違いなし!
抱っこしながらの授乳もできますよ

 

授乳ケープカーディガン授乳ケープカーディガン授乳ケープカーディガン

 

 

【赤すぐ限定】ガーゼ天竺 授乳マルチケープ

抱っこ・おんぶ・カーディガンとしてもマルチに使える授乳ケープです。
柔らかな天竺素材でしわになりにくい!授乳ケープ以外にも色んなな使い方ができますよ

 

授乳ケープカーディガン授乳ケープカーディガン授乳ケープカーディガン

 

 

授乳ケープの中でも、カーディガンのタイプは、
使える幅が広く、使い勝ってが一番いいのではないでしょうか?

 

 

 

授乳ケープ ワイヤー入りって?

 

一番おすすめの授乳ケープ ワイヤー入り

授乳ケープワイヤー

 

 

授乳ケープ ワイヤー入りを検討されている方は、

 

「授乳中に赤ちゃんの様子が見えやすいように」
「ワイヤーなしの授乳ケープは布がくっついて赤ちゃんが嫌がる」

 

などのことで授乳ケープ ワイヤー入りを考えておられるのでしょうか?

 

または、初めての授乳ケープ購入で、色んなタイプで悩んでおられるのでしょうか?

 

授乳ケープ ワイヤー入りは、ほとんどのものがエプロン型のもので、
ママの首元のところに、ソフトワイヤーが入っていて、そのワイヤーを調節することで、
ケープと体の隙間をつくることができます。

 

なので、授乳中に赤ちゃんの様子を簡単に覗くことができるんですよ。
そして、その隙間のお陰で、布が赤ちゃんにくっつく面積も減り、
布が気になる赤ちゃんにはおすすめですね

 

授乳ケープ ワイヤー入りのメリットは?

 

やはり「授乳中に赤ちゃんの様子が見える・赤ちゃんもママが見える」ことでしょう!

 

自宅での授乳に近い、お互いの顔を確認しながらの安心感がありますね

 

また、ワイヤーがある分、赤ちゃんに布がまとわりつくことも軽減できたり
夏の暑い時期も空気の通り道があって、授乳ケープの中の暑さの軽減にもなりますね

 

反対に、授乳ケープ ワイヤー入りのデメリットは?

授乳ケープワイヤー

 

授乳ケープでワイヤー入りのものは、エプロン型が主流です

 

なので、前面を覆うことを目的としているので、側面や後方に不安が出てきます

 

現在売られているエプロン型のもで、めくれ防止がついているものもありますが、
完璧ではないので、心配という声もあります

 

授乳口のついていない普通の服装の場合は、背中が丸見えってことになりますし、
上の子がうっかりめくってしまうことも考えられますね

 

授乳ケープ ワイヤー入りはこう使う!

 

授乳中に赤ちゃんの様子が見えないこと、赤ちゃんが布を嫌がるのであれば、
やはり授乳ケープはワイヤー入りがベストかもしれませんね

 

公園などへの外出など、どういう状況で授乳するかわからないときには、

授乳口のついた授乳服と共に使う!

>>おしゃれで授乳服には見えないのはコレ!

 

これなら、背中丸見えの状態は回避できます

 

また、エプロン型の利点として、授乳ケープを首にかけておけば、
自由に左右に動かせます

 

なので、側面が気になる場合は、
右で授乳するなら授乳ケープを右によせ、
左授乳なら左によせることで側面のカバーできる範囲は広がりますね

 

その場合、赤ちゃんの足は少し出てしまいますが、そこは問題ありませんよね

 

使う場所で使い分ける

 

側面、背面の心配がなければ、授乳ケープ ワイヤー入りを使いたいですよね

 

例えば、車での移動中、電車や飛行機の中、自宅来客時など、
授乳中に回りで人の動きがない状態のときは、使いやすいですね

 

おすすめの授乳ケープ ワイヤー入りはこれ!

 

ぜひ紹介したいのが、人気雑誌「赤すぐ」でご存知の方も多いと思いますが、
「赤すぐnet」の「授乳ケープ ワイヤー入り」です

 

「赤すぐnet」の「授乳ケープ ワイヤー入り」は、
アメリカ生まれのおしゃれでリーズナブルな授乳ケープなんですよ

 

なんと、おしゃれな12柄が揃っていて、全て2,160円(税込)なんです

 

授乳ケープワイヤー

 

実際使ってみないとわからないとなると、「はじめから高いものはちょっとね」と思いますよね

 

おしゃれだから、使い続けられれば、すてきな1枚になりますし、
もし、うちはダメだったなと思っても、諦めのつく価格かなとも思います

 

この「赤すぐnet」の「授乳ケープ ワイヤー入り」は折りたためばわずか厚さ8mm
とてもコンパクトなので、外出時にバッグに入れておけば、
外出時のオムツ替えの時に敷いたり、
ベビーカー時の風よけや日よけ代わりに足にかけてあげるのにも使えそうですね

 

重要!授乳ケープを買ったら必ず練習を!!

 

実は、正直、実際使ってみないとわからないことも多いのですが…

 

ママたちの感想の中には、
「子どもが嫌がった」という意見も…
これは、どの授乳ケープにしても同じことだと思います。

 

自宅授乳のリラックスした状態で、授乳ケープを何度か試して、
赤ちゃんとママが慣れるまで自宅で練習しましょう!

 

いきなり、外出先でのぶっつけ本番はダメです!

 

赤ちゃんは初めてのことは、嫌がったりすることが多いので、
授乳ケープの中でも、安心して授乳できることを経験させてあげましょう

 

赤ちゃんもママも慣れてしまえば、もう大丈夫ですね

授乳ケープワイヤー

 

授乳ケープが使えたら、外出時の授乳の心配もなくなりますし、
外に出る機会も増えて、楽しい時間がいっぱいもてますね

 

どんどん外に出て、楽しい時間を過ごしましょう!

 

 

最後に授乳ケープを購入する時に役に立ったサイトをご紹介します

赤すぐ.netの最新クーポン番号が掲載されているサイトになります → 赤すぐ クーポン